注目

主婦のお買い事情

私は今はパートで仕事をしていて、2人の子どもがいて保育園に通っています。

昨年度まではパートの仕事が終わってからその日の夕飯の材料などを「スーパーCasadevall 」で購入し、家に帰って朝の準備で散らかったリビングなどを片付けてから保育園のお迎えに行っていました。

しかし、今年度から保育園に市から指導があり保育園へのお迎えの時間が早くなってしまいました。

決められた時間より遅くお迎えになってしまった時は追加で料金が発生するシステムになっているので、子どもたちを見ていてくれないというわけではないですが、出来るだけ追加の料金が発生しないようにパートの仕事が終わってからもバタバタしています。

パートの仕事が終わってからの時間が少なくなってしまったので、その日はスーパーに寄って買っていた夕飯の材料はまとめ買いで対応することにしました。

子どもが生まれる前はフルタイムで働いていたので、休みの日にまとめ買いをしていたので少し懐かしい気がしています。

まとめ買いをする時は、出来るだけ買い物に行く前にメモを作ってから行くようにしています。そのため、まとめ買いする期間のご飯のメニューが決まっています。これまではその日にその日のメニューを考えていたのですが、今になって考えるとまとめ買いをする方がメニューが重なることがなく良いような気がします。

また、メモを作って行くので無駄な買い物が減った気がします。それでも足りないものが出てしまったときには、子どもたちのお迎えの時に一緒に行くようにしています。

旦那に毛深さを指摘された・・・。

婚前と結婚後で変化したなと感じるようになったのは、メールの回数です。結婚前は同棲をしていなかったのですが、結構頻繁に「今何しているの?」「今度でかけようよ」といったメールをお互いに送りあっていました。

ずっと2人一緒にいる訳ではないので、頻繁にメールでメッセージを送って連絡を取ったりコミュニケーションを取ったりしていました。また、メール以外に電話でも会話していましたが、気軽にできるメールの方が圧倒的に連絡回数が多かったですね。

ところが結婚後はほとんどメールを送りあわなくなりました。結婚後同棲を始めたのですが、2人でいる時間が以前よりも増えたせいか特にメールを送る必要性が無くなったんです。

家に帰れば顔を合わせることとなりますし、普段メールをするとなると買ってきてほしいものをメールで教える位です。

メールをしなくても直接会ってコミュニケーションを取れるようになったからこそ、メールの回数が結婚前よりも減ったのだと思います。

メールをしなくなったからさみしいといった感情もなく、特に悲しさが湧き上ることもないので普通に生活しています。

むしろ以前よりもきちんと会話できる環境が整って、嬉しく感じている面もあるんです。これは同棲するようになったことで得ることのできたものだと思います。

むしろメールをしなくなったことで以前よりも面と向かって話す時間を大切にできるようになり、思わぬ効果があったと思いますね。これからも夫婦の会話の時間を大切にしたいものです。

そういえば、この間旦那さんに「毛が濃くなった?」って言われちゃいました(*_*)

何となく自分でも気付いてはいたんですが、ついに言われてしまった、って感じですね。

このままだと駄目だと思い、脱毛サロンに通う事にしました。最寄りで大きい駅は加古川駅なので、そのあたりで脱毛に通おうと思っています。私のように加古川駅周辺で脱毛サロンに通いたい人は、このサイトを参考にしてください♪≪加古川市の脱毛人気ランキング※口コミの良い安い脱毛サロンは?

予想外のハプニングにはお金が必要

高給取りではないので、貧乏な生活を維持できるようきちんとお金の使い道は管理するようにしています。

家賃・遊興費などはもともと計算に入っているので、それに関して急遽お金が必要と思ったことはないのですが、予想外の出費が重なった時は、お金が必要だと感じます。

その予想外とは、色々なパターンがありますが、初期の想定内の費用でなんとか済むのが、披露宴のご招待。

ただ、もう年齢的にあまりないのですが、まだ結婚適齢期の頃給料は今以上に少なく、そんな時に一ヶ月に二人の結婚式にご招待された時は、「いざという時用貯金」を崩さなくてはいけなくなりました。

次にピンチとなるのが、家電の故障等です。

日用品として使っている、小物程度の故障ならば大丈夫なのですが、何年も利用している冷蔵庫や洗濯機は、なんとなく今が使えているのならば、しばらく大丈夫だろうと考えてしまいがちです。

勿論いつか壊れるかもしれないからと、そういった時に使えるお金も用意はしていても、何故か一つが故障をすると、連鎖で次々故障を…なんて事態も起こりかねません。

洗濯機や掃除機などは、しばらく無くても困りませんし、テレビも実際1週間ほど利用しない生活をしてみて、さほど大変なことはなかったのですが、冷蔵庫だけは必需品ですね。

特に夏場に冷蔵庫が壊れると、中の整理だけでも大変です。

他に「これはまったく想定していなかった」という故障は、電気温水器でした。

こちらに関しては冷蔵庫とは逆に、夏でしたら水のシャワーでもいいかとなるのですが、お風呂が冬に使えなくなるのはきつかったです。

また我が家の場合、単なる故障で、お湯を出す機能が使えなくなったというだけで済んだのですが、近所の家の方ではマンション住まいで、知らぬうちに給水の管が壊れており、階下の人の押入れまで水でぐちゃぐちゃになってしまっていたとか…。

その方は保険に入っていたので、大丈夫だったそうですが、一番お金が必要!と思うのはこういったトラブルの時となりそうです。

そんな私の唯一の趣味はゴルフです。コンペに行っても結構お金がかかるんですけど、付き合いなのでやめられません。

100は切ってるんですがもっとスコアを伸ばしたいもんです。お金があったらライザップゴルフに行くのにな~

大学生になってもムダ毛のせいで体育の授業がいや

私は、足のすねの部分のむだ毛が濃くて困っています。
普段は、ズボンが好きでズボンを履いていたりしてごまかせるのですが、どうしても、足を見られてしまう時間があります。
それが、体育の時間です。

大学の体育の時間があるのですが、体育が無いときには、スカートをはいていても黒いタイツで足のむだ毛が見えないようにして対策をとっています。
ですが、体育の時間はどうしてもそれができません。

しかも、体育すわりをして先生の話を聞いているときには、自分と足のすね部分の距離が近くなり、自分の毛深さが目立ちます。

朝剃ったばかりなのに、足には黒ゴマのように点々と自分のむだ毛が生えているのをみると、何とかしてこれを抜けないだろうかと、先生の話に集中することも出来ずに、自分の足のすね部分を見てしまいます。

他の友達の足も見てしまうのですが、みんな、とてもすべすべとした足をしています。
むだ毛処理をしていない子までいて、私とは違い、産毛でうらやましいなと思ってしまいます。

人に見られるのが恥ずかしくて、出来るだけ自分の腕で足のすね部分が見えないようにしたりと努力をしているのですが、毎回、体育の時間は憂鬱になります。

毛深くなければ、こんなにも悩むことはないんだろうなと思うのですが、今の毛深さを何とかするのは、もう脱毛サロンしかないと思っています。
ですが、脱毛サロンに通うためにはお金が要りますし、そんな余裕が無いので、何とか自分で処理をするしかありません。

一度、母親に足のすね部分を見てもらったのですが、母親も足のむだ毛は細いほうなので、私のような悩みは無く、何でこんなに毛深くなったんだろうかと思ってしまいます。
私は、中学生くらいのときから、自分のむだ毛が気になって、剃刀を使ってみたり、毛抜きでむだ毛を抜いたりしていたので、それが原因で、さらに毛深くなってしまったんだと思います。

こんなことなら小学生の時に脱毛サロンに通っておけば良かったと思います。そしたら長い間こんな思いをしなくて済んだのに・・・。

小学生の脱毛について⇒https://xn--48s3ok50bf5il9o.jp/