予想外のハプニングにはお金が必要

高給取りではないので、貧乏な生活を維持できるようきちんとお金の使い道は管理するようにしています。

家賃・遊興費などはもともと計算に入っているので、それに関して急遽お金が必要と思ったことはないのですが、予想外の出費が重なった時は、お金が必要だと感じます。

その予想外とは、色々なパターンがありますが、初期の想定内の費用でなんとか済むのが、披露宴のご招待。

ただ、もう年齢的にあまりないのですが、まだ結婚適齢期の頃給料は今以上に少なく、そんな時に一ヶ月に二人の結婚式にご招待された時は、「いざという時用貯金」を崩さなくてはいけなくなりました。

次にピンチとなるのが、家電の故障等です。

日用品として使っている、小物程度の故障ならば大丈夫なのですが、何年も利用している冷蔵庫や洗濯機は、なんとなく今が使えているのならば、しばらく大丈夫だろうと考えてしまいがちです。

勿論いつか壊れるかもしれないからと、そういった時に使えるお金も用意はしていても、何故か一つが故障をすると、連鎖で次々故障を…なんて事態も起こりかねません。

洗濯機や掃除機などは、しばらく無くても困りませんし、テレビも実際1週間ほど利用しない生活をしてみて、さほど大変なことはなかったのですが、冷蔵庫だけは必需品ですね。

特に夏場に冷蔵庫が壊れると、中の整理だけでも大変です。

他に「これはまったく想定していなかった」という故障は、電気温水器でした。

こちらに関しては冷蔵庫とは逆に、夏でしたら水のシャワーでもいいかとなるのですが、お風呂が冬に使えなくなるのはきつかったです。

また我が家の場合、単なる故障で、お湯を出す機能が使えなくなったというだけで済んだのですが、近所の家の方ではマンション住まいで、知らぬうちに給水の管が壊れており、階下の人の押入れまで水でぐちゃぐちゃになってしまっていたとか…。

その方は保険に入っていたので、大丈夫だったそうですが、一番お金が必要!と思うのはこういったトラブルの時となりそうです。

そんな私の唯一の趣味はゴルフです。コンペに行っても結構お金がかかるんですけど、付き合いなのでやめられません。

100は切ってるんですがもっとスコアを伸ばしたいもんです。お金があったらライザップゴルフに行くのにな~